DSpace 東海学園大学    
  Tokaigakuen University  Library  Researchers
Advanced Search
日本語 

Tokaigakuen University Repository >
1. 学術雑誌論文(学内発行分) >
1300. 紀要 / 東海学園女子短期大学 [編] >
第35号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11334/1341

Title: 傷病者ロールを用いた蘇生法指導の有効性
Other Titles: The Effectiveness of Cardiopulmonary Cerebral Resuscitation (CPCR) Training with the Victim role
Authors: 石田, 妙美
大沢, 功
佐藤, 祐造
Author's alias: Ishida, Taemi
Ohsawa, Isao
Sato, Yuzo
Author's Kana: イシダ, タエミ
オオサワ, イサオ
サトウ, ユウゾウ
Issue Date: 5-Oct-1999
Publisher: 東海学園女子短期大学
Abstract: 傷病者ロールを用いた90分間の蘇生法の指導を行い, 40日後に指導効果を測定した.対象は本学養護教諭コース1年次生55名で, 無作為に傷病者ロールを取り入れて指導したロール群25名と訓練人形のみを使用して指導を行った人形群30名に分け, その指導効果をヒトおよび訓練人形で測定した.その結果ロール群は人形群に比し, ヒトに対する意識確認, 気道確保が正しく実行でき, また訓練人形を使用した蘇生法も人形群よりも正しく実行できた者が多かった.しかしヒトに対する呼吸や脈の確認, 訓練人形での正しい胸骨圧迫心臓マッサージの実施率は両群ともに低値であった.以上のことから, 傷病者ロールを用いた蘇生法指導は訓練人形を使用する指導に比し効果的であるが, 今回実施した90分間の蘇生法指導では, 技能を正しく獲得するには限界があることが示され, 今後指導方法全体をさらに検討する必要があると考えられた.
URI: http://hdl.handle.net/11334/1341
Appears in Collections:第35号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000119218.pdf371.09 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback