DSpace 東海学園大学    
  Tokaigakuen University  Library  Researchers
Advanced Search
日本語 

Tokaigakuen University Repository >
1. 学術雑誌論文(学内発行分) >
1300. 紀要 / 東海学園女子短期大学 [編] >
第19号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/11334/1178

Title: 摂取タンパク質量が成長期ラットの腎臓の機能に及ぼす影響
Other Titles: Effect of Dietary Protein Levels on the Function of the Kidney in Growing Rats
Authors: 奥村, ミサヲ
宮崎, 幸恵
Author's alias: OKUMURA, Misao
MIYAZAKI, Sachie
Author's Kana: オクムラ, ミサオ
ミヤザキ, サチエ
Issue Date: 20-Jul-1984
Publisher: 東海学園女子短期大学
Abstract: 幼若ラットを用いてタンパク質含量の異なる3種の飼料を投与し4週間飼育した。その体重変化, 尿量, 肝臓および腎臓の重量, 尿中タンパク質量, 尿中尿素窒素量, 血清中タンパク質および尿素窒素量を測定した結果, 以下のことが判明した。1.成長は, 高タンパク質飼料投与群は標準タンパク質飼料投与群よりわるく, 低タンパク質飼料投与群では著しく下まわった。2.尿量は, 高タンパク質飼料投与群, 標準タンパク質飼料投与群, 低タンパク質飼料投与群の順に多く, とくに高タンパク質飼料投与群では体重に比して著しく多かった。3.肝臓の重量は3群間に有意な差が認められなかったが, 腎臓では3群間で有意な差が認められ高タンパク質投与による腎肥大が伺えた。4.尿中タンパク質量と尿素窒素量は平行し, 高タンパク質飼料投与群>漂準タンパク質飼料投与群>低タンパク質飼料投与群の順に多かった。この傾向は尿量の変化と一致した。5.血清中タンパク質量および尿素窒素量は, 低タンパク質飼料投与群と他の2群間で有意な差が認められたが, 標準タンパク質飼料投与群と高タンパク質飼料投与群では有意な差が認められなかった。
URI: http://hdl.handle.net/11334/1178
Appears in Collections:第19号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KJ00000118916.pdf488.82 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback